女医

甲状腺の病気やがんの治療|進歩する医療技術

第四のガン治療法

女医

ガンという病気は多くの病気の中でも脅威とされており、誰にでも発症する可能性のある病気です。ガンの治療は難しく、従来の治療方法であれば外科治療や化学療法、放射線治療といったものがあげられます。これらの治療は三大ガン治療と呼ばれており、ガンの治療に関しての効果を得ることはできますが重い副作用を伴います。近年では、これらのガン治療法に加えて免疫療法と呼ばれる第四の治療法が登場しました。免疫療法というのは、世界的に注目されているガン治療法で、従来の治療法とは大きく違いユニークなメリットを持っています。
免疫療法と呼ばれるガン治療法では、ガンを患っている患者自身の免疫力を利用して治療していきます。メリットとして、長期間その効果を持続させることが可能ですが、従来の治療法と比べて即効性はみられません。また、副作用も生じることが少ないといった点もメリットといえるでしょう。免疫療法は患者の体力が残っている早めのうちから開始することで、より高い効果を得ることができます。免疫療法は従来の三大ガン治療法と組み合わせて同時に行なっていくことのできる治療でもあるので、ガンを治療することができる確率が大きくあがるはずです。近年では、免疫療法に更なる改良が加えられ、特異的ガン免疫療法と呼ばれるものに発展しました。この治療法では免疫細胞が正常細胞に影響を及ぼすことなく、ガン細胞に対してのみ攻撃をするようになります。つまり、ガン細胞に特化した免疫細胞を活性化させることができるのです。21世紀になり医療技術は進歩し、ガンを副作用なく完治させることができる日も近いのかもしれません。