医者

甲状腺の病気やがんの治療|進歩する医療技術

予防対策と検査及び治療

医者

甲状腺の病気を予防もしくは改善するためには、ストレスのない生活を送る必要があります。ストレスの溜まっている場合には、免疫力が低下してしまうため病気になりやすいのです。

View Detail

甲状腺に発生する病気

患者

自身の健康面に関して異常があった際に、最初に気づくことができるのは自分自身です。甲状腺の病気が発症している場合には、目立った症状がみられなかったとしても注意が必要となります。甲状腺の病気にどういったものがあるのか、その症状に関して知ることで自身の健康状態を改めて考えてみましょう。
甲状腺の病気にはバセドウ病や橋本病、亜急性甲状腺炎や良性腫瘍、甲状腺ガンといったものが挙げられます。バセドウ病というのは、その原因が不明とされる病気で甲状腺の腫大及び頻脈、眼球突出といった3つの症状が同時みられた際にバセドウ病と診断されます。しかし、3つの症状が同時に発生しないこともあるため、より確実な診断をするためには医療機関での検査が必要となるでしょう。橋本病は甲状腺機能低下症という病気の蔑称で、慢性甲状腺炎か先天的なもの、もしくは甲状腺の位置が正常な箇所に位置していないために発症するといわれています。この他にも、一過性のものや海藻及びヨードの摂取過多によるものが原因とされる甲状腺の病気です。この病気を発症すると、精神機能の低下や眠気、記憶障害、抑うつ、無気力、抜け毛、皮膚の乾燥、むくみ、声のかすれといった症状がみられるでしょう。これらの症状に伴って、便秘や心臓機能の低下、体重増加や悪寒、疲労感といったものも併発してしまいます。亜急性甲状腺炎も原因が分からない甲状腺の病気で、動悸や息切れ、甲状腺の痛みや発熱といった症状が発生します。良性腫瘍と呼ばれるものも、その発生原因は不明で多くは遺伝によるものといわれています。良性であればすぐに身体に害を及ぼすことはありませんが、甲状腺機能が低下している場合には治療が必要となります。甲状腺ガンは遺伝もしくは放射線を多量に浴びてしまった際に発症します。甲状腺ガンが発症している場合、自身でもわかる大きさのしこりができるでしょう。

第四のガン治療法

女医

従来の三大ガン治療法は、外科治療や化学療法、放射線治療といったものがありました。即効性のある治療法ではありますが、重い副作用が発生してしまうといった問題がありました。第四のガン治療法である免疫療法では重い副作用は少なく抑えることができます。

View Detail

一般内科での受診内容

病院

医療機関には様々な内科が存在します。その中でも一般内科と呼ばれる診療科では、原因が特定できていない病気を検査し適切な診療科を紹介してくれるでしょう。城東区でも、軽い症状であっても原因が分からない場合には一般内科を受診することで解決します。

View Detail